FF暖房機修理

FF暖房機の調子がいまひとつ。スイッチを入れるとカチカチと点いたり消えたり。インジケーターも所々切れている。
基盤を取り外し見てみると、やっぱりそうだ、ハンダが外れている。ハンダ付けし復旧してみるとバッチリ。
経年劣化によるものだと思うのですが、基盤のハンダが外れてる事が多いようです。
20年も使えば普通は取り替えるんでしょうね。

この投稿へのコメント

  1. Dan said on 2016年12月16日 at 9:36 PM

    FF機の寿命は基板もさることながら、給排気系がやられる時があります。M下電器がリコールしまくってます。
    20年、、、電器屋的には「お客様発見!」という感じでございます。

    ウチもスマホ用外付けバッテリーが仕事をしなくなったので、中を開けて調べたら1箇所ハンダが割れていたでございます。
    ストレスに弱いものは壊れるんです。

    私みたいに(謎)

    • StoneIsland said on 2016年12月17日 at 9:28 AM

      こんにちは。FF暖房機は時代遅れなのか、製造メーカーが少なくなった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*